<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
台風    -中川製作所-
雨。
テレビでクレマンの「狼は天使の匂い」を見る。
by liquid13 | 2010-10-31 00:34 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
実は    -中川製作所-


b0042462_1933156.jpg


いろいろ片付けなければならない問題や
頼まれごと、あれこれあるにもかかわらず、
つまらないことが気になってしまうもの。

所有するベースを調整したくなってしまった。

断っておくべきは、私のベースの腕で、
それときた日には、とてもとても下手である。

が、それはひょっとすると楽器に問題があるのでは、
と長年の疑問を解いてみたくなった。

ネックの反りを調整した。楽器を分解、ロッドを
ぐいと回した。順反りが少し直った。ついでに
回路もいじった。線材を銅線にして、半田もやり直した。
コンデンサも代えた。

ネックの調整が上手くできたらしく、いままで苦労して
弾いていた曲が、とても楽に弾けるようになった。
弦を押さえる左手の負担が半分くらい楽になり、
実に弾き易い。

分かっております。楽に弾けるようになった、
というのは楽器が上手くなった、ということではない。
残念ではあるが。
by liquid13 | 2010-10-29 19:53 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
じっとしていられない   -中川製作所-


b0042462_1482157.jpg


季節はじめの寒さは、体が慣れていないもので
殊更にこたえるもの。

昨晩は、早くもストーブを焚いた。ストーブのタンクに
残っていた僅かな灯油で部屋を暖めた。灯油の匂いが
なんとも冬らしさをもたらす。


b0042462_14165822.jpg


安酒でもじゅうぶん。と、燗酒を飲む。所長がご実家より
頂いた海産珍味を出してくる。筋子にするめ、数の子など。

そして、今日は朝からさらに寒い。底冷える所内だが、
僅かの石油は昨晩で使い切ってしまった。

さすがに灯油の巡回販売車も、まだ来ない。
by liquid13 | 2010-10-28 14:22 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
変な格好   -中川製作所-


b0042462_9483656.jpg


高くまで見える晴れた空の引き換えに、ずいぶん気温が下がった。
朝食後、布団を干し、タオルケットを洗う。上天は続かないというから。

さように漸く厚手の衣類を身に着けるようになった。部屋着と作業着を
かねて古い黒いセーターを引っぱり出した。十年以上前に買ったたもので、
やたらとだぶだぶしている。袖が長く、料理やドローイングをしていると
じゃまなので、袖口を何回か折って着てみた。


b0042462_1004148.jpg


ふと鏡に映った自分の姿を見る。ずいぶん流行おくれの格好である。
袖周りや胴周りがやたらゆったりした上、着丈も長いそのセーターは、
GAP製でしかもLサイズ。大きいわけだ。以前はそういう大きいのを
好んで着ていたのだなあ、と変な感慨をもったものの、現在の姿は、
どうにも貧乏くさく見える。

けれども、そういうものを着ているのがなんとなくおかしくて、だぶだぶの
セーターで作業中。
by liquid13 | 2010-10-27 10:11 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
画材    -中川製作所-


b0042462_21113746.jpg


亀有のツタヤがやっている文具店でコンテパステルの
セットを買う。セットは3種あって、私は茶系のセットを
選んだ。他にも明るい色の取り合わせのセットが2種あった。

正方形のケースがこじんまり納まりよい。なんだか、
香りの良い煙草が入っているような感じがする。箱の絵は
いまいちだけれど、正方形の小箱に射抜かれた。


b0042462_21153954.jpg


こういうセットを見ると、ニュースプリントペーパーの画帳に
描いていたヌードスケッチの授業を思い出す。

ニュースプリントペーパー。新聞紙。まあ、つまり藁半紙である。
アメリカの美大では、基礎実習でこの大判藁半紙の画帳を
多量に使ったものだ。今はどうなのだろう。

今回このセットを買ったのは、むろん人体デッサンをやろうという
わけではない。この茶系のセットが、考え及んでいるイメージである
「錆」についてなにか頼りになるのではと思ったからである。

専門的な画材屋に行かずとも、亀有でみつけた良品。
あと、練消しも買った。
by liquid13 | 2010-10-24 21:30 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
水を注すのが得意  -中川製作所-
昭和49年、みんなが大好きな読売新聞球団のV10を阻止、
人気者、長島茂雄の勇退に水を注して、その年セリーグで
優勝したのは、与那嶺要率いる中日ドラゴンズである。

少年だった私。あの時以来の中日ドラゴンズのファンである。
日本シリーズでは、金田正一率いるロッテオリオンズに負けたが。

くつくつくつくつ。今宵、辛くもY軍粉砕。
ドラゴンズ優勝おめでとうございます。

きっと清志郎さんも喜んでいる。
by liquid13 | 2010-10-23 22:33 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
無題   -中川製作所-


b0042462_20483562.jpg


千代田線の車庫の下にできた地下道を行く。
足立の住宅街に似合わない、蛍光灯の空間が
入り口から続く。

こうやって入り口に立ってみると、なんだかこの先長く、
数キロに渡って続いているような気になってきたが、
たかだか数十メートルの地下道でした。
by liquid13 | 2010-10-20 20:58 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
Waves of Fear  -中川製作所-
ある人のブログを読んでいて、その中にルー・リードの
名前が出てきて、ならばルー・リードを聴こうと思って、
YouTubeに入った。

朝からルー・リード。

ほんとうは、なにかメロウなのを選ぶつもりが、
何を思ったかWaves of Fear を聴く。

これは、Blue Maskというアルバムに入っている曲だ。

歌の凄まじき迫力。今日一日この歌に支配されたような気がする。

アルバムBlue Maskを傑作と評する人は多い。
亡きRobert Quine がギター。
ベースがFERNANDO SAUNDERSで、
ドラムはDOANE PERRY。

自信と力漲る名演奏。

Waves of Fear 。詩の内容は、おそらくドラッグ体験、
禁断症状、バッドトリップといったことからくる「パニック的恐怖」を
歌っているのだと思う。こういう体験は、ルーご自身が豊富そうである。

夜の闇に恐怖や不安で苦しむのは、何も薬中だけではないと思う。
by liquid13 | 2010-10-19 23:40 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
タコ      -中川製作所-


b0042462_2257281.jpg


ドローイングを継続。強いておこなっているのではないけれど。
所長にもらったマーカー、100均の24色ペン、あとは色鉛筆が
主な道具で、使っている紙は依然はがき大のメモ用紙という、
これは定型化しつつある。

ちょっと欲が出てきて、新しい色鉛筆を数本買いたいところである。
色鉛筆にも、ふつうのオイルっぽいやつのほか、パステル系や
水彩系などあって、今欲しいのはパステルのを数色。それと、
カラーインクも使ってみたくなる。久しぶりに画材店に行きたい。
しかし、画材に疎くなっている。インクといば、ドクターマーチンズ
というのがあったと思うけれど、いまもあるのか。ブーツのマーチンズ
じゃありません。

ところで、上の画像の真ん中に写っている器は、先日食べた
蛸飯のツボである。


b0042462_2382188.jpg


「明かしの名物・ひっぱりだこ飯」
本当に名物なのかなあ。


b0042462_2394596.jpg


中身はこんなのでした。これで、酒を飲んだ。
どうもこの器、食べづらい。


b0042462_23122926.jpg


食べているときから、こうやって使おうと思った。
それに飽きたら、香を焚く壷になるような気がする。
by liquid13 | 2010-10-18 23:14 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
映画の友     -中川製作所-
借りてい映画3本分のDVDを一気に見た。取り合わせがよかったので、
それぞれに楽しんだ。さらに、テレビで「インディ・ジョーンズ」まで見た。
もう、今日は映画三昧の日だった。

ザ・ハイロウズの歌で、♪不味けりゃ吐くぜ~、遠慮なく吐くぜ~、という歌詞
のがあったけれど、私の場合、映画を見ていて、つまらなけりゃ、寝る。
遠慮なく寝てしまう。これは、ちょっと不遜な物言いだとは承知している。

不思議なもので、結構酔払って見ていても、興に乗れば二時間半の大作
だろうと、見ているのが深夜だろうと、最後まで見ているのだが。

そんな基準で映画が語られたら、映画の方が可愛そうなので、本日見た
映画の話は、いずれ後日にするかもしれない。3本とも寝ずに見ました。

さて、DVD3本鑑賞後には夕刻になった。食事の支度が面倒なので、
出前のピザを取ることにした。

ところで、「宅配」ということばより「出前」が私は好きだ、なぜか。

ピザの注文しておいてから、所を飛び出し、急いでDVDを返却、
返す刀で八百屋で野菜、酒屋で発泡酒と安ワインを買って戻った。

サラダと枝豆、惣菜の竜田揚げという酒肴も整え、ピザ迎撃体制に
ぬかりなし。


b0042462_23352717.jpg


ピザが来た。
パン生地にいろいろなものが乗ったやつ。2年ぶりくらいに食べた。
食前の期待感、空腹による、なにかものすごい食欲が、食べだすと
あんがいすぐに萎えるのが残念。

出前の、いや宅配でいいや、この手のピザって、「宅配ピザ」という
食べ物、という感じがする。ピザとお好み焼と惣菜パンのキメラ
みたいな感じで、それはそれでいいけど、飲酒をしながら食って
いると重い。

で、「インディ・ジョーンズ」。いちおう最後まで見たけれど、
途中何度も寝かけた。
by liquid13 | 2010-10-18 00:02 | 生活記 | Trackback | Comments(0)