<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
PIC16F1938   -中川製作所-


b0042462_17413111.jpg


ステッピングモーターを3台制御することにした。マイコンにつなぐピンの数は、
4本X3台ぶんで、12ピン必要になる。

現在使っているPICは18ピンで、このほかに、センサー2つ、緊急停止用のスイッチ
を付けたりする。さらに、センサやスイッチが要るかも知れないし、LEDをひとつくらい、
つけるかも知れないし・・・、などと考えると、ピン数が足りるか不安になってきた。

PIC16F1827、慣れてきて使いやすいんだけど、ここはピン数の多いものに変更
することにした。

調べてみると、28ピンのPICがあって、PIC16F1938というのを選んだ。ピン数が
多いということぐらいしか分かっておりませんが。

まず、28ピンに対応する、書き込み回路を作った。これでpickit3と接続できる。


b0042462_17512117.jpg


そして、儀式的基本、LEDを点灯させました。よしよし。

新しいPICを使うときは、それにあったコンフィグ設定を、ネットのどこかで見つけて、
利用させてもらうのが、とりあえず大事だ。まず、動作確認、そのあと、少し勉強して
理解を深めると。

しかし、何度も書くけど、C言語にして良かった。すんなり入っていけます。ネットで
みつけた例題は、コンパイラ違いが多々あるけど、ちょっと書き換えれば、すぐ使える
ようになる。便利です。

さて、実は今日、28ピンのPIC買った。3台のモーター制御のため、と書いてきたが、
よく考えてみると、というか、簡単に考えてみると、モーター4台使って制御したほうが、
構造が簡単かもしれない。

行き当たりばったりで恥ずかしいが、4台ぶんの制御は28ピンのPICでなんとか
なりそうだし、機械の設計を難しくするより、4台のモーターを制御するほうが簡単な
ような気がしている。

これもC言語のおかげです。

まだ、何も解決していないけど。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-30 18:06 | 制作記 | Trackback | Comments(2)
フタ    -中川製作所-


b0042462_18184688.jpg


きょうも、まずまずの好天で、午前中作業をし、午後は買い物に出かけた。買い物と
いっても、うなる財布をもっているわけじゃなし、いちばん近い百均に行ったのだ。


b0042462_18211141.jpg


日当たりの悪い当所で、気の毒にも生育のわるい鉢植えの土を入れ替えるため、
大き目の鉢と土、栄養剤や小石などを買ってきたのだ。おまえら、少しは元気になるん
だよ、などと話しかけながら。

そうだ、それら園芸用品を買ってから、口開けのもつ焼き屋に引っかかったのだ。
忘れていた・・・。だから、そんなふうに、帰ってきて、鉢植えに話しかけていたのだ。
一杯機嫌で、話す相手は鉢植え。危ない男です。


b0042462_18255568.jpg




b0042462_18261310.jpg




b0042462_18263362.jpg


午前中の作業は、こんな感じ。

ペットボトルのフタを利用して作った機構。ひとつづつ、モーターに取り付けてあります。
けっきょく、材料は、ペットボトルのフタ、所内に転がっていた端材の角棒、あとネジ。
歯車買ったり、ベアリング買ったり、カップリング買ったり、あとなんだっけ、そういう
メカトロ部品をあれこれ試したあとに、使ったのがペット瓶のフタかい。

木の部品が強度的に、かなり不安なので、これは後に樹脂などに交換するかも
しれないが、これで3代目、3台目実験機、実験を進めます。

これをPICで制御していきますよ。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-29 18:33 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
吊り上げ   -中川製作所-


b0042462_21172060.jpg




b0042462_21174366.jpg




b0042462_2118239.jpg




b0042462_21182556.jpg


機械設計。

最初の計画では、モーターを2台制御することが目標だった。しかし、後戻りするべく
もない、良案を得て以来、根本からやり直している。

思いつきに応えることは、作業が進んでいると容易い。そして、その後につづく、
マイコン制御の作業にも、再三言っているように、C言語導入後、あまり抵抗がない。

楽観的になるのは良くないが、改良、よりよく、じぶんでそれが出来るのならば、
やってみましょうよ。

モーターは、3台制御することなりました。大丈夫か?

そのぶんのモーターを、きのう秋月で買ってきました。帰りにビイル飲んで、早い五月
の風を、風を。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-28 21:28 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
連休    -中川製作所-


b0042462_941212.jpg


この季節、しぜんと早く目が覚める。

朝から夕まで、やさしい風と日の光、あざやかな緑に触れながら過ごすことができる
しあわせ。で、さいごは結局公園でビールとか飲んでしまうダメな当所の人々。

貧乏でどこも行けない人たち。連休中は、ずーっと所長がいて、なんかうるさい。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-27 09:14 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
懲りずに   -中川製作所-


b0042462_16194047.jpg


高々、地方選挙である。胸糞悪い、止まらぬ右傾化の世に、私の一票など、蟷螂の斧
にすらならないだろうが、選挙である。ドローンの利用も考え次第だが、まず出来ること
は投票。戦争がしたい極右政権に爪も立てるつもりで、行ってきた。私はいつだってそうだ。

ま、それはそれとして;

今朝も早朝起床。運動と朝食後、近所の食料品店でペットボトルの水を2本買ってきた。

飲むぶんなら、常備しているのだが、そうではなく、このフタが欲しかった。


b0042462_16285832.jpg


失敗すると恥ずかしいけど、機械部分のさらなる改良・・・、というか、根本から作り直して
しまいましています。

出来るのか、出来ると思う。いい年して恥ずかしいけど、高揚(わくわく)しているんですよ。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-26 16:32 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
実験機    -中川製作所-


b0042462_2113982.jpg


センサーの実験が順調に進んでいるので、いったん機械の実験に戻る。大小2種の
モーターの実験機をそれぞれ作った。

作ってから、実験を再開。両方の台を使ってみる。

何か物足りなさを感じているのだが、それがだんだん分かってきた。

ちょっと考えるために、百均とツタヤと食材調達に外出。

その後も作業。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-25 21:18 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
金曜日   -中川製作所-
作業、外出、酒と買い物。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-24 20:23 | 生活記 | Trackback | Comments(0)
つづく実験    -中川製作所-


b0042462_16333215.jpg


フォトリフレクタという部品は、電子工作の初心者には、ラインをトレースするロボットカー
に使われる部品である。

今回それを使っていて、ふと思い出した。恥ずかしいことに、以前私は、この部品を
試していたのだ。このセンサで、白と黒の濃淡を読み取り、その信号を使って、何か
出来ないか、などと思ったものの、その考えは発展せず、頓挫、挫折、忘却。

いやですねえ、こういう自然消滅ネタが多くて。しかし、それが肥やしになっていると
信じたいんですが。

まあ、フォトリフレクタを使おう、なんて今回思ったのだから、それは、知恵の引き出しが
増えたのだ、と前向きに考え、今日も実験をしました。

朝のうちに用事を済ませて、昼過ぎに各種抵抗と、テスターの針の先につけるクリップ
を買って所に戻る。

フォトリフレクタの出す、電圧の高低差をPICが読んでくれるように、祈るような気持ちで
ソースを作り実験。

結果、あっけなく動作確認とれました。クリップとテスターをつないで、両手が空いています。
ちゃんと実験できるようにしました。センサに指をかざせます(笑)

センサの電圧高低差は、5Vの電源で、2V以上は出ているようで、これが果たして正常と
いえるのか、判りません。もう少し試したほうがよさそうです。ただ、この高低差を、PIC
はオンオフの信号として読んでくれているようなので、ほっとしました。

センサー前を通過する物体の検知については、問題なく出来そうです。本当は、物体の
色の濃淡も判別したいのですが、こちらのほうは、環境に左右されやすいので、試作中
の作品について実用するか検討が必要です。

センサーとマイコンが繋げたことが、やたら嬉しい私。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-23 17:07 | 制作記 | Trackback | Comments(2)
抵抗値で   -中川製作所-


b0042462_1147019.jpg


空気が変わり、この季節らしい澄んだ朝。6時過ぎに起床。

布団カバーやシーツ、タオルケットを洗濯し、植物に水をやり外へ出してやる。さあ、
どこへでも行くがよいと話しかけたが、むろん返答なし。

作業、実験機の調整、途中ギターいじり。


b0042462_11502776.jpg


そしてこれ。昨晩からはじめたフォトリフレクタの回路実験。さいしょ、ネット上にあった
例題的な回路をもとに実験をした。だが、点検用の緑のLEDの発光が弱々しく、頼りない
感じで気に入らない。

各部の抵抗の値が、動作にかなり影響があることがわかる。あちこちで電圧を測った。
センサーのオンオフがきっちり出るようにセッティングできないと、PICがそれを判別
してくれないだろう、なんてよくわからないくせに予想している。

とりあえず、LEDを発光させるだけの電圧が出るようになってきた。今後、実験する環境
が変わってくるわけで、そのつどセンサーの調整が必要になるので、なんだろう、この
抵抗値の調整は、とても大切なんだと思う。

残念、ここまで。今日も忙しい。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-22 12:08 | 制作記 | Trackback | Comments(0)
センサーの実験   -中川製作所-


b0042462_2311113.jpg


季節は進み、まもなく皐月。緑が目に染みる、一年のうちでも過ごしやすい季節である。

寒く暗い所内で作業をしていた冬。そのはじまりで風邪を引いたことで、冷え性になり、
昨年末からなんと昨日まで、私はヒートテックの長袖上下を着用していた(笑)

ここのところ外出が多く、その出先がやたら暑いもので、ようやくヒートテックをやめた。
肌の大部分を覆っていたそれらを脱ぐと、なにやらずいぶん身軽に感じて、体重まで
減ったような錯覚をおぼえるが、それは残念な勘違いである。


b0042462_23235370.jpg


さて、センサーの実験を始める。

秋月電子で反射型フォトリフレクタ「LBR-127HLD」というのを買ってきた。このセンサーで、
モーターの回転数を制御できたらいいなと思っている。

モーターに付いているのは、リールである。回転数を制御するなら、ロータリーエンコーダ
というのが確実のはずだ(使ったことないし、難しそう、私には無理)が、そのリールに巻き
つく物の性質上、回転数に依拠する制御は無理なんである。

なにを巻いているのさ、とお思いの人がおられるかもしれない。が、それはちょっと公表したく
ないので、どうも説明が不明瞭ですみません。まあ、ともかくその巻物を考慮すると、
現時点で、私は上記の赤外線LEDを使ったセンサーが、期待に応えてくれるそうな、
そんな気がしている。

ネット上で見つけた回路図を参考にして、とりあえず動作確認。センサー部分を遮蔽すると、
LEDが消える。まあ、動作しました。だがなんだろう、LEDのオン状態の光が弱い。
なんかこう、ピカッと光って、パッと消えて、みたいなメリハリ感を期待していたので、
先行き不安である。

そこで、センサーの変化を読むために電圧を測ろうと思ったが、テスタの針2本を両手で
それぞれ持つと、手がふさがって、センサー部分を触れられない(笑)おまけに、回路の
どこを測定しりゃいいんだか判らない・・・。

明日からまじめに取り組むことにして、ビール飲んで寝ます。
[PR]
by liquid13 | 2015-04-21 23:50 | 制作記 | Trackback | Comments(7)